全ては、最高最善のタイミングでやってくる

広島市でつばさ整骨院を営んでいます。50,000件の臨床試験、そして宇宙とのコンタクトから紐解く心とからだの不思議を綴ります。

「がんばる」が嫌いだったあの頃…

ブログランキングに参加中!

いつも応援ありがとうございます。

Everything is ツイテル!

↓の画像をポチッと♪ 

 


人気ブログランキングへ

 

 

f:id:life-art-tsubasa:20180426183007j:plain

 

なんとなく、
漠然と、
「がんばらなきゃ」
と思ってしまう。

もっとこうしなきゃ、
ちゃんとやらなきゃ、

 

ダメになってしまう
周りに迷惑をかけてしまう
取り残されてしまう

 

そうやって、
いつも私の後ろから見張っているヤツ。

 

その名は『不安』。

 

コイツのせいで、
ついつい私は、
がんばりすぎてしまっていました。

 

いつのまにか
愛の選択】から【恐れの選択】へ
デフォルト設定が切り替わり、
がんばりすぎることを目標にしていました。

 

それは、
「真面目にやらないと、
お父さんみたいになるよ。」
と、散々周囲から言われてきたから。

 

時が過ぎればわかるけど、
その最中はわからない。

 

親父は、
一家の大黒柱として
親父なりにがんばっていたけど、
そのがんばりを汲み取る側が、
事実ではなく各々の解釈で捉えていただけ。

 

名前の取扱説明書的にも、
親父の場合は、
『こだわりが強いが、
そのこだわりの中身がコロコロ変わる』
というのが傾向としてあります。

 

私は、
親父のがんばりが
理解出来た頃が21歳のときでした。

 

そして、
「がんばれ」
という言葉が嫌いになったのも
その頃でした。

 

国家試験の直前。

オカンは電話のたびに、
「がんばりんさい」
と言っていて、
その言葉しか見つからなかったんだろうけど、
そのとき私は、
「一日15時間、16時間勉強して、
これ以上何をがんばれって言うんじゃ!」
とキレてしまったことがありました。

 

オカンの立場もわかります。

 

でも、
余裕のない私は、
そう言ってしまいました。

 

それ以後、私が独立してしんどいときも、
オカンは「がんばれ」とは言わず、
「身体に氣をつけんさい」
と言うようになりました。

 

いろいろ経験して、
今では「がんばれ」は
嫌いではなくなりました。


経験してわかったことは…

がんばるのはいい。

 

だけど、
何でもかんでも
『過ぎる』のは良くないということ。

 

がんばってることを

一番よく知っているのは、

自分自身なんですよね。


そうだとしたら、

がんばっている自分を

認めてあげたらいいんじゃないかな

と思っています。


抱きしめてあげたり、

愛してあげたり。


だって、

もう存分にがんばってるんですから。

 

 

 

お知らせ

 

私が身に付けているペンダンや、

磁場調整装置、

鈴(しゃららん珠)等は、 

こちらのサイトで販売しております。

 しゃららんの玉手箱

 

 

 大好評です!

 

 リニューアルしました!

名前のトリセツも加わりました。

 

life-art-tsubasa.hatenablog.com

 

 

つばさ整骨院は、『復元ドライヤー』の正規取扱店です。

現在、インターネット販売において出回っているものの中には、

正規価格ではないものが見受けられます。

また、そこで購入した商品には、メーカー保証がございません。(メーカー談)

当院では、安心してお求めいただけます。

 

life-art-tsubasa.hatenablog.com

 

大人氣の復元シリーズ

復元ドライヤー入荷しました。

復元パドルブラシ、入荷しました。

 

復元ドライヤーは、残り4台です。

復元パドルブラシは、残り4本です。

復元カールドライヤーは、残り2台です。

 

ご注文はこち

お問い合わせフォーム

 

 

ライフアーティストつばさ公式LINE@

こちらでは、

☆氣づきのエッセンス

シューゾー語録 

☆各種イベントの先行案内

等をお届けしてまいります。

 

【登録はこちら】

https://line.me/R/ti/p/@fwe0303r

【検索はこちら】

@fwe0303r

 

メルマガを発行しています

 読者登録/解除 福田のここだけの話