全ては、最高最善のタイミングでやってくる

広島市でつばさ整骨院を営んでいます。50,000件の臨床試験、そして宇宙とのコンタクトから紐解く心とからだの不思議を綴ります。

治療家として、人として…

ポチッとしていただけると嬉しいです

↓ Everything is ツイテル!

 

 


人気ブログランキングへ

 


治療家をやっていると、

やはりここは外せない!

避けては通れない!

というものがあります。

 

それは、

【真実を探す】

【真理を見つける】

この2つです。

 

何が本当なのだろうか?

そして、

本物は誰かなのか?

治療家になってしばらくして、

治療関連の情報をはじめ、

沢山の情報に触れる機会が多くなるにつれ、

そう思っていた時期がありました。

 

これは、いい経験でした。

この思いが強くなればなるほど、

周囲を敵か味方かという見方になり、

氣がつけば周りは敵だらけ。

(敵と思い込んでいるだけですが。)

 

さらには、

『自分が高みを目指せば、

周りはついてくる!』

とも思っていました。

 

だけど、実際にはそれとは全く逆。

結局は、自己満足の世界に酔いしれていただけでした。

真実や真理を武器として扱い、

当時の勤務先の院長や後輩達、

さらには当時担当していたクライアント様達を

攻撃しかねない、

いや、むしろ攻撃していたかもしれないし、

常に戦闘態勢でした。

 

指導というのは名ばかりで、

コントロールすることを目的にしていたり…。

 

本質に近づけば近づくほど、

それはホンモノかもしれないけど、

目の前のクライアント様を見ず、

技に溺れるばかり。

 

これでは、

ビジネスには向かないし、

何より価値が伝わりにくいです。

 

そんなことよりも、

大事なのは、

【目の前の人に関心を向けること】

です。

 

その人が安心できること、

笑顔になるようにすること、

など。

 

相手のことを見下すことなく、

フラットに見る目を持てるか?

 

相手の中にある良いところや、

可能性を見つけられるか?

 

こちらの方が、

真理よりも数倍も大事だと思います。

 

クライアント様が仰っていることは、

とてもシンプルです。 

 

「もっと幸せになりたい(もっとプラスを得たい)」

もしくは、

「悩みを解決したい(マイナスをプラスにしたい)」 

という2つのどちらかです。

シンプルなやりとりを

もっと深い部分で見れるようになると、

その人を理解しやすくなると、

私は信じ、トライ&エラーの真っ只中です。

 

クライアント様に対して、

真実や真理を使って説得したり、

納得させようとする自分がいたら、

それは【真理】とはかけ離れたものです。

 

知るということはとても大事なことですが、

それを使って「何を生み出すか?」がとても大切です。

 

私もこれまで臨床経験で、

色々なことを体験していますが、

そこでわかったことは、

クライアント様は真理なんて求めていません。

(真理というカテゴリでは求めているかもしれないけど、

治療家自身の真理は求めていません。)

 


クライアント様が欲しいのは、

施術者との関わり、

そして、

施術者への関心だったり、

身体への関心です。

 

技術や知識、経験は必要です。

真実を知ろうとする探究心も必要です。

向上心溢れる治療家やセラピストだからこそ、

真実や真理を探究していくことも、

よくよくわかります。

 

真実や真理という武器で相手を攻撃する方に偏るより、

面白い方に偏った方がいいなと思います。

 

私も、

仙骨が大好きだから、

もっともっと神骨(仙骨)にぐいぐい寄って、

ウソと思えることでも、本当にするくらいになってやる!

 

 

f:id:life-art-tsubasa:20170824182856j:image