全ては、最高最善のタイミングでやってくる

広島市でつばさ整骨院を営んでいます。50,000件の臨床試験、そして宇宙とのコンタクトから紐解く心とからだの不思議を綴ります。

うたがうこと、しんじること

いつも応援ありがとうございます。

Everything is ツイテル!

↓ 応援ボタンはこち

  


人気ブログランキングへ

 

オススメです! 

 

 

残席1名様となっております!

お申し込みはお早目に!

life-art-tsubasa.hatenablog.com

 

 【7月22、23日コラボリトリート】

life-art-tsubasa.hatenablog.com

 

 

life-art-tsubasa.hatenablog.com

 

 

先日、ひとり会議をしていたときのことです。

あっ、

ひとり会議とは、

自分に魔法の質問をして、バラバラになったパズルのピースを埋めていくことです。

これがけっこう効果があるんですよ。

 

さてさて、本題。

 

先日、東京に出張していたタイミングで、東京都議会議員選挙が行われました。

翌日には、その選挙結果について様々なディスカッションがなされていました。

このときに、「国や社会を疑う」というフレーズを何度か耳にしました。

そして、私がふと思ったことを書きたいと思います。

 

疑うことをトコトンしていけば、

国も、

社会も、

隣にいる人も、

家族も、

大切な人も、

友だちも、

そして自分さえも、

疑うことができる。

 

そして、「疑う」の対義語である「信じる」に置き換えて上記のことを読んでも、違和感は湧かない。

でも、一つだけ違いがあることに氣づきました。それは、「疑う」「信じる」の前にある主語のことです。

 

「疑う」の主語は、たいてい相手です。

一方、「信じる」の主語は、自分です。

 

主語というか、視点かな。

疑うのは、自分自身のときもあるけれども、たいていは自分の外側を見ています。

信じるのは、自分の内側です。

 

疑うときって、

自分がどこか満たされていない、

不足感が投影されているんじゃないかな。

 

信じるときって、

自分が満たされていて、

余裕があって、

全て目の前のことを自分と捉えているんじゃないかな。

 

自分の中には、

「疑う」と「信じる」

どちらも存在している。

 

どちらが欠けても、

「私」では無くなる。

 

どちらもあっていい。

 

 

f:id:life-art-tsubasa:20170704211617j:plain

 

 

お知らせ

私が身に付けているペンダンや、鈴(しゃららん珠)等は、こちらのサイトで販売しております。

 ルナソル サンキャッチャー、そしてしゃららん珠【しずく】が新登場!

 

しゃららんの玉手箱

 

 大好評です!

life-art-tsubasa.hatenablog.com

 

 

つばさ整骨院は、『復元ドライヤー』の正規取扱店です。

現在、インターネット販売において出回っているものの中には、

正規価格ではないものが見受けられます。

また、そこで購入した商品には、メーカー保証がございません。(メーカー談)

当院では、安心してお求めいただけます。

 

life-art-tsubasa.hatenablog.com

 

噂の復元パドルブラシ、次回7月初旬入荷! 

 

復元ドライヤー、復元パドルブラシは、6月入荷分は完売となりました。

次回入荷は7月初旬になります。

 

 

お申し込みはこち

https://lolipop-life-art-tsubsa.ssl-lolipop.jp/contact/index.html

 

 

ライフアーティストつばさ公式LINE@

こちらでは、

☆氣づきのエッセンス

シューゾー語録 

☆各種イベントの先行案内

等をお届けしてまいります。

 

【登録はこちら】

https://line.me/R/ti/p/@fwe0303r

【検索はこちら】

@fwe0303r

 

メルマガを発行しています

 

読者登録/解除 福田のここだけの話