全ては、最高最善のタイミングでやってくる

広島市でつばさ整骨院を営んでいます。50,000件の臨床試験、そして宇宙とのコンタクトから紐解く心とからだの不思議を綴ります。

それはどこから導き出した選択?

 

いつも応援ありがとうございます。

Everything is ツイテル!

↓ 応援ボタンはこち

  


人気ブログランキングへ

 

オススメです! 

【7月2日(日)】 復元のススメ@東京

life-art-tsubasa.hatenablog.com

 

残席1名様となっております!

お申し込みはお早目に!

life-art-tsubasa.hatenablog.com

 

 【7月22、23日コラボリトリート】

life-art-tsubasa.hatenablog.com

 

≪準備中≫

7月中旬 神骨研究室~マジカル神骨編~

 

 

昨夜は激しい雷雨で、夜中には竜巻注意報や避難勧告が発令されて(現在は解除)、

スマホからは、あの警告音…。

そんな一夜でした。

 

さて、今日はこの質問から。

 

「あなたにとって、物事を決めるときのルールは何ですか?」

 

この質問の答えは千差万別で、明確な一つの答えはありません。

 

そう、全て正解です。

 

選択の理由は、2つ

 

何かを

決断したり、 

選択したり、

行動しようとするとき、

選択の理由は、この2つです。

 

「○○したい」、

「○○しなければいけない」、

といういずれかの理由です。

 

「○○したい」というのは、

自分の内側から湧き起こる衝動で、

ワクワクするし、自然と身体の動きも軽やかになってきます。

つまり、感覚重視です。

 

一方、

「○○しなければいけない」というのは、
これまでの経験則や一般常識等を踏まえて、

より安全であろうとするゆえ、頭でっかちになるものです。

そこには、安心安全状態(コンフォートゾーン)から逸脱してしまうことから、

不安や恐怖というネガティブ感情が根底にあって生まれることもあります。

この感覚と思考、どちらも人生において大切なものですが、

どちらが影響力が大きいでしょうか?

 

例えば…

 

例えば、ダイエット。

「一般的には、この体重は身長に対して多いから、ダイエットしたほうがいいかな。」

と頭で考えても、

感覚、すなわち心と身体が「ダイエットする必要ないよな」と感じていたら、

持続性は乏しく、結果的に三日坊主となるでしょう。

 

 

こうして見てみると…

 

頭で考えたことと、感覚(心と身体)で捉えたことが不一致だと、

結果は出にくいし、なにより葛藤やジレンマが起きてきます。

心の声を代弁してくれるのは、身体です。

感覚、心の声を無視した行動をしていると、

そう遠くない将来、身体が変調をきたしたり、物事が上手くいかなかったり、

もしくは、複数の人の言葉を通してメッセージが届けられます。

 

迷っているときはチャンス

 

「本当は、どうしたいんだろう?」

と、悩んでいるときってありますよね。

迷っているときは、チャンスです。

何が、どうチャンスなのか?

それは、思考と感覚が不一致のときだからです。

あらゆる選択肢が目の前にあっても、

その選択した行き先、たどり着くゴールは一緒です。

例えば、富士山の頂上を目指すのも、

全て自分の足で登る、

途中まで車で行き、その後は自分の足で登る、

はたまた、頂上までヘリコプターで行く、

等、選択肢は様々。

 

どの選択肢を選んだとしても、

それなりにメリット、デメリットがあり、

上手くいくときもあれば、上手くいかないときもあります。
でも、それは全て自分にとって必要な経験です。

 

私は、しばしば宇宙からこう言われてきました。

 

ゴールは、同じ。

眉間にしわを寄せながら、「しんどい、しんどい」と言いながら進むか?

それとも、

ワクワクしながら、道中を楽しみながら進むか?

 

ワクワクする道は、必ずしもラクな道でもありません。

でも、ワクワクの方が上回るから、

しんどいと感じている時間が少なくなります。

さあ、どっちを選ぶ?

 

f:id:life-art-tsubasa:20170630194048j:plain