全ては、最高最善のタイミングでやってくる

広島市でつばさ整骨院を営んでいます。50,000件の臨床試験、そして宇宙とのコンタクトから紐解く心とからだの不思議を綴ります。

【シューゾーさんとの会話】三次元の仕組みor高次元の仕組み?

ポチッとしていただけると嬉しいです

↓ Everything is ツイテル!

 

 


人気ブログランキングへ

 

お知らせ

私が身に付けているペンダンや、鈴(しゃららん珠)等は、こちらのサイトで販売しております。

話題のエナジーカードも入荷しました。

 

しゃららんの玉手箱

 

 

 大好評です!

life-art-tsubasa.hatenablog.com

 

life-art-tsubasa.hatenablog.com

 

 

出したら、入る。

入ったら、出る。

これは、身体の原理原則です。

 

これに絡めた、シューゾーさんとの会話です。

(シューゾーさんとの会話が始まった頃に、耳にタコができるほど言われていた話です。)

 

シューゾーさん曰く、

 

( ̄∀ ̄)

三次元の仕組みは、一方通行。

つまり、

出たら出っぱなし、

入ったら入りっぱなし

というわけ。

 

(⌒▽⌒)

そうなると、

「出したら入る、入ったら、出る。」

という身体の原理原則は、三次元の仕組みじゃなくなりますね。

では、身体の原理原則は、何次元の仕組みなんですか?

 

( ̄∀ ̄)

「何次元なのか?」は、ここでは大切なことじゃない。

なぜなら、

何次元と具体的数値を示すことによって、そこに捉われてしまうからじゃ。

だから、

まあ、あえて言うなら高次元としておこう。

 

(⌒▽⌒)

なるほど。

かしこまりです。

そうすると、一つ疑問が湧いてくるんですが、

この世は三次元と呼ばれているじゃないですか。

なのに、そこに三次元より上の次元が存在していて大丈夫なんですか?

 

( ̄∀ ̄)

たしかに、何次元かというところでは、矛盾が生まれるよな。

例えば、これなんかどうじゃ。

百貨店、デパートというものがあるだろ。

地下に食品売り場があって、

1Fがコスメ、

2Fが婦人服(ミセス)、

3Fが婦人服(ミッシー)、

4Fが紳士服、

5Fがベビー用品やこども服、

6Fが書籍、

7Fがインテリア関連、

8Fが宝飾関連、

9Fが催事場、

10Fがレストラン、

といった感じだろ。

 

建物としては、百貨店・デパートだけど、

中のフロアは様々なジャンルのものを取り扱っている。

つまり、多様なものが同時に存在していて、

どのフロアに行くことも自由。

 

人間も同じじゃ。

同時にたくさんの次元の「わたし」が存在していて、

どれを選んでもいい。

人間には、自由意思が与えられていて、

誰もそれを犯すことは出来ない。

では、福ちゃんに質問じゃ。

身体は、高次元の仕組みで成り立っている。

この世は、三次元。

高次元の仕組みと、三次元の仕組みのどっちを選択するか?

 

(⌒▽⌒)

キター、その質問。

それは、高次元の仕組みでしょ。

 

( ̄∀ ̄)

ほう。

では、なぜそちらを選択したんじゃ?

 

(⌒▽⌒)

それは、身体において考えてみました。

身体が三次元の仕組み、つまり一方通行だと病氣になってしまうからです。

 

( ̄∀ ̄)

なるほど。

身体のことを専門としている福ちゃんなら、

その置き換えはいいセンスしてるな(笑)

自分にわかりやすいよう置き換えて考えてみることは大切じゃ。

どれを選択しても、それらは全て正解じゃ。その人という宇宙の真実だからな。あえて、ワンポイントアドバイスをすると、出すのも、入れるのも、徹底的にやることじゃ。

出し切る、入れ切る、そのことで自分の有効限界を突破できるからな。

途半端だと、安全限界止まり。

というわけで、

今日は、これくらいにしといてやろう。

 

 

 

f:id:life-art-tsubasa:20170219122553j:plain