読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全ては、最高最善のタイミングでやってくる

広島市でつばさ整骨院を営んでいます。50,000件の臨床試験、そして宇宙とのコンタクトから紐解く心とからだの不思議を綴ります。

【転載】斎藤一人さん『もしもし地獄』

斎藤一人さん

ブログランキングに参加中です☆



ただいま、第2位。ありがとうございます。


↓  Everything is ツイテル


人気ブログランキングへ

夏至のメッセージの記事( )で、これからは益々自分に嘘をつけない世界が広がっていくということを書きました。

自分に嘘をつけない世界とは?

というご質問をいくつもいただいたので、何かヒントになればと思い、斎藤一人さんのお話をシェアさせていただきます。

一人さんの話の中でも大好きなお話の一つが、『もしもし地獄』です。

これは、『二千年たってもいいはなし』の中の一節です。



※ もしもし地獄の話は、1:02:47〜始まります。





あ、今からもしもし地獄の話します。


ある人が死にました。…ダメなの?…ダメね。


今、手を抜こうと思ったんですけど。(笑)

チェックね。


はい。そうだね。(笑)


えー、簡単な話するとね。俺のお弟子さんに教えてる教えって一個なの。

「大概なことは我慢しな、大概のことは我慢すりゃいいんだよ」って。


ただ我慢し過ぎると、自分が壊れちゃうんだよね。

でも我慢がないとね、人間関係壊れちゃうんだよ。


だから、そういうとき嫌なことがあったとき、楽しく変えること。

柔道だって投げるときはいいじゃん?だけど投げられることもあるじゃん。

投げられた時に、受身ってのがあるから、受身覚えようよ。っていう話なのね。


で、この前あの、会津行ったの。で、公演の前に蕎麦屋行ったんだけどね、遅いの。ともかく出てこないの。


でも、そこでね、「遅い」って言っちゃダメなの。

遅いね、じゃないの。


「今日は昼から会席料理ですね」って。(笑)


そうするとね、それだけで笑えるの。


あのね、滋賀行った時にね、蕎麦屋入ったら、これ日本蕎麦屋なんだけど、まずいんだ。ともかくまずいんだよその蕎麦が。


で、まずいって言っちゃダメなの。


「この蕎麦はすごい。蕎麦からダシを取ってる」


岐阜の山奥でさ、ある街なんだけど。


喫茶店行ったらね、暑くてそこの喫茶店入ったのにそこの店員ずっと電話してんの。

水も出ないの。


で、俺そのとき言ったの

「俺達旅人が求めてるのはインパクトだ」


まあ、飛騨高山なんだけどね。(笑)

それでもうね、飛騨高山って言ったらもうそこしか思い出せなくなっちゃって。あんまりのインパクトに。


もう飛騨高山言ったら必ずあそこ行くって。


そうするとね、笑えるの。


その蕎麦屋のことで10年笑えるの。

で美味しい蕎麦食っても忘れちゃうの。


だからね、いろんなことあるとね、コロッコロっとね。


人生て嫌な玉あるじゃん?

それをポンって受け止めて、良い玉してみんなにポンっと投げ返さないとさ、


今日嫌なことあったから!ってそれを家持ってきて家の人にぶつけるとかまわりにぶつけるんじゃなくて、

嫌な玉ポンってとったら、良い玉にしてポンって投げ返すような、そんな気持ちじゃないとね。ダメだよって。


家帰ってきてさ、「お前、この雑巾なんでこんなとこに出してんだ」って言うけど、あれ雑巾みっける

前に怒ってんだよ?

だって機嫌がいいときは雑巾そこにあったって平気なんだもん。


だから嫌なこと考えて、腹の立つこと考えて幸せになろうったってなれないよって。

で、嫌なことってあるんだよって。


「一人さんでもあるんですか?」って、あるよ。山ほどあるよ、ほんとに。

ただその嫌なことがあると、面白いことにコロッコロっと変えていくとかね。何かしなきゃダメだよって。

それがホントの精神論だよ。


我慢することじゃないよ?さらっとやっつけないとダメだよ。

さっきの達人の話じゃないけどさ、「お前んとこの会社の達人どうしてる?」「うちの達人、今こうですよ」とか。


笑えなきゃダメだよって。



それで、もしもし地獄の話です。OKですか?


あと5分になっちゃったけど頑張ろうね。


ある人が死にました。ある人って自分だと思って。

そしたら、「あなたはもしもし地獄へ行きなさい」って言われたの。

でね、もしもし地獄行ったらいい所なの。

いやー、花咲いてるし鳥とんでるしね。気候温暖だよね。それとね、合う人会う人優しいの。

良いとこだねー、俺こんな良いとこ来ちゃったーって。

でね、風に吹かれてたら眠くなっちゃったの。寝ようと思ってフーって寝ようとしたらね、

「もしもし?もしもし?」

って起こされるの。

でね、ここ寝かしてくんないの。


で寝ようとすると、「もしもし?」って。


でね。五日目。もう五日間寝てないからね、もう眠い。

もうなんかどうしたら寝れるだろうって。


で、いいこと考えたっつってね、まぶたの上に目書くの。

これで寝れるぞーっつって。で、寝ようとすると


「もしもし?もしもし?」って。

「みなさんやるんですよ。大概五日目にいなると目書くんですよ。ダメですよ、起きて下さい」って。


もう五日経ってね、十日目きちゃうともう人間限界きちゃうの。


するとね、「もしもし?」ってやられると、「うるさい!寝かしてくれ!」って暴れだすの。

ほいでね、もう家なんか壊すの。暴れて暴れて暴れまくると、


「わかりますよその気持ち。好きなだけ暴れてください」って。

もう暴れて暴れてフラフラになって、寝ようとすると、


「もしもし?もしもし?」


起こされるの。


でまた五日くらい経つとね、今度は


「明日サイクリングに行きましょう」

「サイクリング嫌、もうずっと寝てないからサイクリング嫌。」


「そんなこと言わないで行きましょうよ、気持ちいいですよ〜、風があたって最高ですよ〜」って

もう嫌だっつってんのに連れてかれる。

自転車とかこんなんなってね、半分寝ながらね、こいでね。(笑)


それで芝生の上でね


「サンドウィッチ食べましょう」って。

で、食べながら寝ようとすっと、


「もしもし?もしもし?」って起こされるの。


それでね、


「あそこに高い山あるでしょ?明日あそこに登りましょう?」


「いや、寝てないで山なんて絶対嫌!寝ないであんな山なんて俺死んじゃうから!」


「ここ死なないんです」(笑)


次の日ね、重い荷物しょわされてね、「あの山行きましょう。その前に中の寝袋出して下さい。いりません

から」って。


高い山ね、重い荷物背負ってね、フラフラしてね、上がるの。


「ほら、もしもし地獄ぜんぶ見えるでしょう?最高でしょう?」っていうの。


そうすっと、


「こんな辛いところ無い…辛すぎる。いくら何でも辛すぎるよ」って言ったら


「あなたね、こんな辛い地獄にも、一つだけいいことがあるんですよ。一年で一日、それも明日、一年で一日だけ寝れる日があるんです。」

「えー本当ですか!?本当に寝られるんですか!?」


「本当ですよ」



もう次の日が待ち遠しいの。


で次の日になって、「あー俺一日寝られるんだ、嬉しいな」って言って、寝ようとすると、


「もしもし?もしもし?」って起こされるの。

「今日一日寝て良いって言ったじゃないですか」って言ったら


「何いってんですかあんた。今日は4月1日ですよ。エイプリルフールじゃないですか。さあ一緒に笑いま

しょう。」


「笑えない!笑えない、笑う気になれない!ここで笑えるほど人間ができてたらここへ来ないか

ら!」


「ところで、このもしもし地獄って、なんでこんなに熊がいるんですか?」


「ああ、あの熊ですか?最初はみんな目の下にクマが出来て、最後には熊になっちゃうんです。」


えー、今日ね。ここで楽しい話しても家帰ると怒ってる人がいるかもしれない。


でももしもし地獄に比べたら、寝れるだけで幸せですね。


なんかね、ふっと笑ったらもうそのことに心が負けてないの。


だからね、これからね、もしもし地獄の続き考えて下さい。なんでもいいです。


山の次はさ、あなたサッカーが上手いらしいじゃないですかとかさ。


餅つきあるじゃない?餅つきのこねるほう。

あなたこね方うまいらしいじゃないですか〜って。

やりながら顔が餅ン中入っちゃって、そこを杵で叩かれて、これでも死なないんですよね(笑)


えー何でもいいからね。


楽しいコト考えてると楽しくなるよって。

で、楽しむと楽しいことが起こるよって。


今日はすごく楽しい話が出来ました。


今日ここに来たみんな一人残らず天国へ行ってそこでパーティーを開きましょう。


どうも、ありがとうございました。



転載終わり。




追伸其の1
コズミックタッチを、以下、現在予定しているワークショップでお伝えします。



【7月2日】神骨&脂肪取り名人講座 大分


https://ssl.form-mailer.jp/fms/d30368de442240


【7月16日(土)】 吉野太&福田孝史 コラボワークショップ@東京


お申込み、詳細はこちら

https://ssl.form-mailer.jp/fms/d74c6975428707




追伸其の2



大好評です!


【月のリズムで紐解くオリジナルレシピ】

詳細、お申し込みはこちら

https://ssl.form-mailer.jp/fms/8d5a0cc2435896





追伸 其の3




新しいコンテンツ【つばさ塾 メール講座】。




この講座は、集客、心のお稽古の2つのメニューがあります。




【100日経つと細胞が生まれ変わる】という仕組みから、100日間の連続講座となります。




毎日お手元にお届けします。




詳細はこちら



新月を迎えて新たなスタート


お申し込みはこちら


https://ssl.form-mailer.jp/fms/26c98a3c443250