全ては、最高最善のタイミングでやってくる

広島市でつばさ整骨院を営んでいます。50,000件の臨床試験、そして宇宙とのコンタクトから紐解く心とからだの不思議を綴ります。

【感謝】 大山祇神社参拝ツアー 其の2

ポチッとしていただけると嬉しいです

↓ Everything is ツイテル!

 

 


人気ブログランキングへ

 

【11月3~6日】富山ツアー

 

11月3日 金沢神社ツアー  満員御礼!ありがとうございます

 

11月4~6日 個人セッション(富山駅周辺) 満員御礼!ありがとうございます

 

11月5日 【自分を知り、繋がり、還る】ワークショップ オススメです!

 

詳細、お申し込みはこちら↓ 

life-art-tsubasa.hatenablog.com

 

 

≪前回の記事はこちら≫

 

【感謝】大山祇神社参拝ツアー 其の1 - 全ては、最高最善のタイミングでやってくる

 

つづいて、向かったのは賀羅加波神社

 

賀羅加波神社

 

賀羅加波神社は、「からかわ」と読みます。この神社は、サムハラ神社奥の院のことを調べているときに目に止まった神社です。そのときはさほど氣にしなかったけど、ある日この神社のことが頭から離れなくなり、深く掘り下げていきました。

 

サムハラの漢字は、「サ」と「ハ」が同じ漢字なんですね。

そして、賀羅加波神社も、賀→加という話もあります。つまり、加と加で同じ漢字。

なんか似たような感じを受けました。

「加」が同じ漢字ということは、からかは(波を「は」と読んだら)→ カバラとなる。

 

また、この神社がある住所は三原で、三原→サンバラ→シャンバラ?と繋がっていきます。

 そして、「カラカワ」と名付けたのは、弘法大師だそうです。

 弘法大師 → 密教 → カバラと、ここでも繋がります。

 

摂社『宿里(やどり)神社』は山城国祇園八坂神社の本宮であり茅輪神事の発祥である」と伝えられております。

社号の由来に関しても、祭神に関しても分からない事が多い神社ですが、大山祇命を祀るという説もあるということも、今回参拝するキッカケとなりました。

 

≪御祭神≫
天照大御神 素盞嗚尊 豊受比売命

 

≪相殿≫
天宇豆売命 天太玉命 瀬織津比売

 

 

f:id:life-art-tsubasa:20161031163302j:plain

 

こちらに到着してすぐに空を見上げると、龍神がいらっしゃる様子。

 

参加者の方々も、龍神の存在にお氣づきの方が何人もいらっしゃって、龍の話題で盛り上がりました。

 

こちらの境内には、御神木が3本。

 

f:id:life-art-tsubasa:20161031163331j:plain

 

こちらが対になっている木のうち、男性性。

 

f:id:life-art-tsubasa:20161031163310j:plain

 

こちらは、女性性。

 

f:id:life-art-tsubasa:20161031163324j:plain

 

そして、御神木のうち、男性性の木のところにて、エネルギーワーク。

 

さらにエネルギーを体感しやすくなるワークで、肉体~アストラル体までの調整、松果体の活性化を行ないました。

 

最初は、つばさくらぶの看板娘であり、イモホリ族 族長のあけちゃん。

 

f:id:life-art-tsubasa:20161031163347j:plain

 

ちょっとイタズラ氣味に、周波数、次元をグンと上げてみると、後ろにのけぞって倒れそうになってしまう場面も…。

 

f:id:life-art-tsubasa:20161031163353j:plain

 

その後、参加者の皆さんに、5、6人ずつ縦一列に並んでいただいて、順番にワークをさせていただきました。

 

エネルギーの定義を共有することで、それまで体感が無かった方にも体感していたただきました。

 

エネルギーに鈍感というのは、定義のレベルを高くしていて、そのレベルに達しない体感を無意識的に排除していたために、「感じない」「わからない」という可能性もあります。

定義の共有、身体からのサインに意識を向けるだけで、自ずとわかるようになります。

 

f:id:life-art-tsubasa:20161031163358j:plain

 

ワーク後に、もう一度各々が氣になる場所において、エネルギーを体感してもらいました。

 

御朱印はこちら。

 

f:id:life-art-tsubasa:20161031163247j:plain

 

 

つづく

 

 

≪こちらもオススメです≫

life-art-tsubasa.hatenablog.com