読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全ては、最高最善のタイミングでやってくる

広島市でつばさ整骨院を営んでいます。50,000件の臨床試験、そして宇宙とのコンタクトから紐解く心とからだの不思議を綴ります。

楽しいほう?それとも深刻なほう?

ポチッとしていただけると嬉しいです

↓ Everything is ツイテル!

 

 


人気ブログランキングへ

 

【11月3~6日】富山ツアー

 

11月3日 金沢神社ツアー

 

11月4~6日 個人セッション(富山駅周辺) 満員御礼!ありがとうございます

 

11月5日 【自分を知り、繋がり、還る】ワークショップ オススメです!

 

詳細、お申し込みはこちら↓ 

life-art-tsubasa.hatenablog.com

 

 

 

最近は、見聞きする機会が減ったけど、たまに見聞きするのが、世の中へ向けた【文句】とも受け取れるフレーズ。

 

今の景気が…

 

今の政治が…

 

会社のあの人が…

 

旦那が…

 

嫁が…

 

知り合いのあの人が…

 

などなど。

 

自分の外側にある事象を問題化して、どうにか解決しようとする。

 

これって、ほぼ解決に結びつかないんですよね。

 

どこに解決策があるのか?

 

それは、自分の見方を変えればいい。

 

それも、『原因探し』ではなく、『面白いネタにする』方向へ。

 

自分にこう問えばいい。

 

どのようにしたら、面白いネタになるだろうか?

 

(『面白いネタ』とは私個人の表現で、楽しい方に解釈するというニュアンスです。)

 

人は、つい、起きた事象に対して明確な答え、意味を見いだそうとして、原因探しをし始めます。

 

自分に対して、

 

なぜ?

 

どうして?

 

と問うのです。

 

(これは、集合意識によって、いつの間にかデフォルト設定になっている。)

 

原因を究明したり、相手をやり込めたりするときには、それは有効です。

 

※相手をやり込めるとは

ここでの表現のニュアンスは、懲らしめてやろうとする意図ではなく、自分の正義をふりかざすこと。

 

なぜ?どうして?と問うことによって、何かしら解決のヒントを得られるでしょう。

 

しかし、テンションは下がる傾向です。

 

事象が起きると、常に2つの選択肢が用意されています。

 

楽しい方に捉える

 

と、

 

深刻な方に捉える

 

です。

 

 

どちらを選択しても正解です。

 

宇宙は、その選択した方のエネルギーを増大させるので、

 

楽しい方を選択すれば、楽しいことがどんどんやってくる

 

深刻な方を選択すれば、どんどん深刻になっていく

 

わけです。

 

どちらを選択しますか?

 

 

f:id:life-art-tsubasa:20161029181308j:plain

 

 

 

≪オススメです≫

 

life-art-tsubasa.hatenablog.com