全ては、最高最善のタイミングでやってくる

広島市でつばさ整骨院を営んでいます。50,000件の臨床試験、そして宇宙とのコンタクトから紐解く心とからだの不思議を綴ります。

健康のこと

ポチッとしていただけると嬉しいです

↓ Everything is ツイテル!

 

 


人気ブログランキングへ

 

 

 

【10/30(日)】大山祇神社参拝ツアー

続々とお申込みいただき、ありがとうございます。

増席分も、埋まってきていますので、お申し込みはお早目に☆

life-art-tsubasa.hatenablog.com

 

life-art-tsubasa.hatenablog.com

 

 

 今日は、健康に関する矛盾について書きたいと思います。

 

 違いを見つける

私が、起業して1年半後に、経営が上手くいかなくなった頃。

 

どのようにすれば、上手くいくのだろうか?

 

という問いを持ち、上手くいっている人と、そうでない人の違いを観察することを徹底することを始めました。

 

ここで、「どのようにすれば?」と、「なぜ?どうして?」について一つお伝えしたいと思います。

 

この2つの質問の仕方は、共に現状を変える何かを探す時に使います。

 

方向性は同じだけれども、そこには違いがあります。

 

「なぜ?どうして?」というのは、原因追究をするときには役に立ちますが、基本的には、緊張が生まれ、深刻になります。

 

逆に、「どのようにすれば?」という問い方は、緊張が生まれにくく、アイデアも生まれやすくなります。

 

健康について言えば…

 

上手くいかない人は、

 

病氣にならないために

 

というネガティブベースとなる理由で、何かを一生懸命する。

 

食べ物だったり、

 

生命保険商品だったり、

 

健康情報だったり。

 

すなわち、病氣にフォーカスしています。

 

そうすると、自然と病氣になりやすい、病氣を引き寄せるスパイラルになります。

 

上手くいっている人は、

 

美味しいとか、

 

テンションが上がるとか、

 

大好き

 

というところにフォーカスしている。

 

 そして何より、

 

どんなことをしても、どんなものを食べても病氣にならない

 

という根拠のない自信を持っています。

 

 

 

 

f:id:life-art-tsubasa:20160920201401j:plain

 

 

≪こちらもオススメです≫

life-art-tsubasa.hatenablog.com