読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全ては、最高最善のタイミングでやってくる

広島市でつばさ整骨院を営んでいます。50,000件の臨床試験、そして宇宙とのコンタクトから紐解く心とからだの不思議を綴ります。

宮古で自然×宇宙のライトボディー調査団リトリート 其の4

宮古島リトリート

ポチッとしていただけると嬉しいです

↓ Everything is ツイテル!

 

 


人気ブログランキングへ

  

【10月】東京ツアーのご案内です

 

life-art-tsubasa.hatenablog.com

 

 

【10/30(日)】大山祇神社参拝ツアー

続々とお申込みいただき、ありがとうございます。

増席分も、埋まってきていますので、お申し込みはお早目に☆

life-art-tsubasa.hatenablog.com

 

≪前回までの記事はこちら≫

 

life-art-tsubasa.hatenablog.com

 

リトリート2日目。

 

前日、日の出を見に行こうということになり、希望者で日の出を見に行くことになりました。

 

ロビー集合時間は、5:40。

 

下野さんは、やはりけっこう早く起きていらっしゃって、私が起きたときには、既にコーヒーを買いに行かれていました。(しかも徒歩で!)

 

希望者でとのことでしたが、ほぼ全員でした。

 

向かったのは、前日にも行った東平安名崎灯台

 

私たちが到着したときには、思った以上に人が来られていました。

 

miyakonavi.sakura.ne.jp

f:id:life-art-tsubasa:20161015090654j:plain

 

 

みんなそれぞれのポイントで、日の出を待ちます。

f:id:life-art-tsubasa:20161015090719j:plain

 

f:id:life-art-tsubasa:20161015090949j:plain

 

f:id:life-art-tsubasa:20161015091005j:plain

 

 

桧山さんの頭越しに、朝日を撮影する下野さん。

f:id:life-art-tsubasa:20161015091023j:plain

 

 

f:id:life-art-tsubasa:20161015091125j:plain

 

 

その後、朝食を済ませて大神島へ。

 

しかし、ここで思わぬタイムロスが発生し、砂山ビーチ→大神島というプランBに変更。

 

f:id:life-art-tsubasa:20161015092658j:plain

 

f:id:life-art-tsubasa:20161015091512j:plain

 

透明度も素晴らしいし、エネルギーもとっても氣持ち良いビーチ。

 

波も良い具合だったので、私も波と戯れるように泳ぎました。

 

泳ぐ人、波の音を聞きながらリラックスする人、砂浴(足のみ)をする人、それぞれ思い思いに、この土地を味わう。

 

うん、イイ感じ☆

 

f:id:life-art-tsubasa:20161015092600j:plain

 

 

そして、大神島へ。

 

【大神島について】

大神島は、古くから宮古諸島では、「神様がいる」と伝えられてきました。

今も大神島には「聖域」と呼ばれ、無断で入ってはいけない場所が数多く存在し、島の人々の大切な信仰の場となっております。

 

ということで、島に到着してオーガナイザーみっちーより、


・聖域は、みだりに入ることが禁止されている。→未舗装の所には立ち入らない

・島の自然を壊したり、持ち帰ったりしてはいけない。

 

という注意がありました。

 

f:id:life-art-tsubasa:20161015092835j:plain

 

乗船した船は、尾道の会社が造られた船でした。

 

f:id:life-art-tsubasa:20161016094420j:plain

 

やはり、神の島といわれるだけあって、エネルギーもきめ細かで心地良い。

 

f:id:life-art-tsubasa:20161015175616p:plain

 

最初に向かったのは、こちら。 

 

f:id:life-art-tsubasa:20161015230425j:plain

 

おぷゆう食堂では、タコ丼(タコは燻製されたもの)が食べられると聞いていたのですが、この日はタコが無い為、選べるメニューは、宮古そばとカレー。

 

私は、宮古そばをいただきました。

 

f:id:life-art-tsubasa:20161016094429j:plain

 

 

食事を済ませてすぐに向かったのは、この島で一番高い場所である「遠見台」。

 

昼の炎天下の中だったけど、この島から感じるエネルギーにテンションが上がって、裸足で駆け上がりました。

 

遠見台の頂上は、大神島全体を360度ぐるっと眺めることができます。

 

感動して、言葉が出ないほどでした。

 

f:id:life-art-tsubasa:20161016094504j:plain

 

 

しばらくこの景色を堪能した後、次に向かったはシュノーケリングスポットへ。

 

 

つづく