読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全ては、最高最善のタイミングでやってくる

広島市でつばさ整骨院を営んでいます。50,000件の臨床試験、そして宇宙とのコンタクトから紐解く心とからだの不思議を綴ります。

「ワクワクすることをする、好きなことを仕事にする」を考えてみる 其の1

 

ポチッとしていただけると嬉しいです

↓ Everything is ツイテル!

 

 


人気ブログランキングへ

 

 

 

≪開催間近!≫

 

残席わずかとなっております。

 

お申込みは、お早目に。

 

life-art-tsubasa.hatenablog.com

 

 

 

ワクワクすることをやりましょう

 

好きなことを仕事にしましょう

 

 

というフレーズをあちらこちらで、見聞きする機会が随分増えてきました。

 

私も、このフレーズを用いてお伝えすることはあります。

 

 

ワクワクする

 

 

「ワクワクする」というフレーズは、バシャールのメッセージによって、多くの人に届けられました。

 

以下、ウィキペディアより。

 

日本語版では「excite, excitement, exciting」などが「ワクワク、ワクワクする」と意訳されており、バシャールの提言は「ワクワクすることをしよう」と訳されている。

バシャールによれば、「ワクワクする」というのは「人生の中で真の自分を表現することの出来る波動」を表し、その波動は同じような波動を引き寄せるという。

 

本来、excitement=興奮だったものが「ワクワク」に変化したものだというのが、上記からおわかりだと思います。

 

さて、ワクワクするには、2種類あります。

 

・自分の内側から湧き起こる衝動

 

・不安から起こる衝動

 

前者はポジティブなワクワク、後者はネガティブなワクワクと言えます。

 

不安から起こるワクワクとは、

 

例えば…

 

お金に困っているときに、儲け話をもらったらワクワクする。

 

といった具合のものです。

 

大抵の場合、このネガティブなワクワクは、実現しないです。

 

それは、「○○だったらこうなる」という直列思考だから。

 

それに対して、ポジティブなワクワクは並列思考だから、実現しやすい。

 

何か、ワクワクしたときには、どんなところから湧き起こっているワクワクなのかを観察してみると良いでしょう。

 

ワクワクしていたら、それでいい?

ワクワクするこ

と、

ワクワクしていればいい

 

は、大きく違います。

 

ワクワクすると、自然と行動が生まれます。

 

ワクワクする衝動を、何かしら表現したくなるから。

 

そのとき、「楽しいか、楽しくないか」という視点で選択するようになります。

 

ワクワクする → 楽しいことをする

 

この流れになると、楽しさが伝播していきます。

 

「あの人、楽しそうにしているね。どんな人なんだろう。」

 

等、興味を持つ人や魅力を感じてくれる人が、自然と集まってきてくれます。

 

 

ワクワクしていただけでは、

 

イメージだけ膨らましていただけでは、

 

何も生まれることはありません。

 

もちろん、イメージも大切なことですが、そこから生み出していくこと、表現する行動こそ、さらに大切なことです。

 

 

 

f:id:life-art-tsubasa:20160915181643j:plain

 

 

追伸

 

昨日、ライザップのコンテストで、東海地区グランプリを受賞されたクライアント様とお会いしました。

 

トレーニング等のお話をうかがうと、想像以上のものでした。

 

そして、

 

私が一番興味のある

 

『身体がシュッとすることと、業績の関係性』

 

という話題の質問をすると、その通りだそうです。

 

コミュニケーション等も向上し、仕事も順調だと仰っていました。

 

もしかしたら、私もライザップ??