読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全ては、最高最善のタイミングでやってくる

広島市でつばさ整骨院を営んでいます。50,000件の臨床試験、そして宇宙とのコンタクトから紐解く心とからだの不思議を綴ります。

友人からのプレゼント

 

ポチッとしていただけると嬉しいです

↓ Everything is ツイテル!

 

 


人気ブログランキングへ

 

life-art-tsubasa.hatenablog.com

 

昨日、大阪の友人がつばさ整骨院の移転祝いに来てくれました。

 

広島市内で仕事があったらしく、そのことを書いたfacebookの投稿に「いいね」を押した直後、メールが来ました。

 

「移転先の住所教えて」という旨の内容。

 

 

しまった。。。

 

LINEのアカウントも落としたことを知らせてなかったし、

 

お知らせハガキも送ってなかった…。

 

正直、焦りました。

 

彼とは、雲 黒斎さんの「月☆イチ WEST」にゲスト出演させていただいたときにご縁をいただきました。

 

その日のことは、今でも鮮明に覚えています。

 

そのとき、個人セッションの残り1枠しかないところに2枠申し込んでくれて、その申し込みのアツいメールの内容に心打たれて、ホテル滞在を延長したり、帰りのスケジュールを調整したりしました。

 

その後も、大阪でお茶したり、ご飯を一緒に食べたり、神社に連れて行ってくれたり…。

 

さらには、

 

四国に旅行している最中、レンタカーを借りてまで広島に会いに来てくれたり…。

 

長時間一緒に居ることは、今までほぼ無いという。

 

普段も連絡取ることは、ほとんど無い。

 

あっ、そうだ。

 

あるスーパー銭湯で、ある趣味の男性二人組に追い掛け回されて逃げていたときに、リアルタイムでメールしてたっけ。

 

それと、これは本人には言ってないけど、講座とかでは言っている話なんだけど、私がブログはもとより、メルマガを届けたいのは、彼なんですね。

 

彼に届けるという氣持ちで書いていたら、モチベーションを高く維持できるし、コンスタントに書けます。

 

ビジネスでは、これを『ペルソナ』と言います。

 

ペルソナは、ビジネスの一面で作ることもできます。

 

でも、

 

私は血が通わないというか、モチベーションが上がらないのです。

 

ビジネスの一面ではなく、もっと近い距離のお付き合いの中で作ることが、私にはフィットしています。

 

(最も身近なところと言えば、究極は『過去の自分』です)

 

 

話が脱線しちゃいましたね。

 

昨日も、普通に住所のメールをしただけだったのに。

 

整体中、インターホンが…。

 

次の予約のクライアント様が時間を間違えるはずもないのに、と思って応対してみると、彼がいるんですよ。

 

別の機会に移転祝いに来るものだと勝手に思い込んでいた私は、驚きと久々の再会でテンションが急上昇。

 

しかし、今は整体中。。。

 

逸る氣持ちをセーブしながら整体を終えました。

 

メールをもらったときに、 

 

「移転のお祝い、何がいい?」と聞かれて、特にないと答えていたら、

 

「何もリクエストが無かったら、広瀬すずの写真集にするよ」

 

いやいや、写真集もらっても困るし、そもそも広瀬すずがわからない…。

 

そんなやりとりをしていて、『そういえば、壁掛け時計がない』と思い出し、リクエストしました。

 

いただいたのは、こちら。

 

f:id:life-art-tsubasa:20160909231517j:image

 

やっぱ、オシャレさんはいいなぁ。

 

ステキな時計をプレゼントしてくれました。

 

ありがとうございます。

 

サクサクと時計を掛ける場所を提案してくれて、さらには設置してくれました。

 

行動の早さにビックリ。

 

その後、しばしお互いの近況報告や、他愛ない話をしました。

 

そこで言われたのが、

 

「福ちゃん、どんどん活躍の場が広がっているよね」

 

ということと、

 

「何をするってわけじゃないけど、福ちゃんに会いたくなるんよね」

 

という話。

 

どちらも自覚がないため、「へ~、そうなんだ」という感じで聞いていました。

 

私だけでなく、彼も以前に比べたら、すごいバージョンアップしてるんですよ。

 

私が「こういうことやってみたいんだよなあ」と思っていることを、彼がやってるし、これがオススメと伝えると、即行動してるし。

 

話しているうちに、

 

いつも私が大切にしていることの一つ

 

私の夢は誰かが叶えてくれて、

 

誰かの夢を私が叶えている。

 

このフレーズがリピートしていました。

 

離れていても、繋がってるんだなあ。

 

幸せだなあ。

 

そう感じながら、氣がつけば次の予約時間。

 

最後に、ガッチリ握手。

 

いつものアツい握手。 

 

 最近、すっかり関西方面に行く機会が減ってしまったけど、今度は私が会いに行くぞ!

 

 

追伸

 

大好評!

ただ今、お申込み殺到中!

life-art-tsubasa.hatenablog.com