全ては、最高最善のタイミングでやってくる

広島市でつばさ整骨院を営んでいます。50,000件の臨床試験、そして宇宙とのコンタクトから紐解く心とからだの不思議を綴ります。

【メッセージ】会いたいと言って、承諾してもらえるときと断られるときの違い

会いたい人に「会いたい」と言って、


「忙しいけど、なんとか時間を作りましょう」というケースと、


「忙しいからごめんなさい」と断られるケース。

この違いは、何だろう?

会うというのは、相手の時間をいただくことですよね。


いただくというのは、奪うということ。


すなわち、「会ってください」「こんなことをしてください」というのは、奪う行為。


奪うだけだと、宇宙の法則であり、身体の原理原則でもある「循環」にはなりませんね。

でも、


「私は、○○を提供できるんですけど、会って話を聞いてもらえますか?」


と、言われると、

 

「いやー、ちょうどそういう方を探していたんですよ。ぜひ会いましょうよ。」


という氣持ちになるでしょう。

社会的地位、年齢など自分よりも上の人でも、何かしら今欲しいものや、手助けを必要としているものがあるはず。


それを、自分自身が提供できることもあるし、自分の周りの人を紹介することで提供できることもあります。



人は、求めることの方が先で、与えるのは後回しになりがちなので、この順番を逆にしてみると、相手との関係性が飛躍的に向上することになるでしょう。


「目の前の人に、どんなことを与えることが出来るだろうか?」


そう自分に問いかけてみることを、私は日頃やっています。

(一度、自分に問いかけることで、物事との距離感が出来るので、全体を見ながら判断できます。)


しかし、


私には何もない…と思っている人もいるでしょう。


実は、何もないのではなく、既にあるということに氣がついていないだけです。


何もないと思っているのなら、周りの人に


「私って、どんな人?」


「私の得意なことはなんだろう?」


というふうに聞いてみてください。


自分自身では、なかなか氣がつきにくかったり、当たり前だと思っていることが、周りから見れば、秀でたことだったりします。


自分で探してわからないときは、周りに聞いてみるというのは、大切なことです。




時間は、誰にでも等しく与えられた資源です。


相手の方から「会いたい」と思ってもらえるように自分の準備をすると同時に、相手のことも考えてみましょう。


どんな状態だろうか?


どんなことを求めているのだろうか?


相手のやりたいこと(ビジョン)を実現するために、どんなことが必要なのだろうか?


これらを考えてコンタクトを取っていくと、会ってくれる割合はグッと上がります。




追伸 その1


昨日告知したKohさんのアクセスバーズセッション。


残り3枠となっております。


詳細はコチラ


【緊急告知】9/27 Kohさんによる「アクセスバーズセッション」を開催します


追伸 その2


残席わずかです!


お申し込みは、お早目に!


【10月4日】 下野誠一郎さんワークショップ「THE SHASTA WAY」


https://pro.form-mailer.jp/fms/dcc7b36284442



↓ シルバーウィーク明けの今日、いかがでしたか?私は、ご無沙汰になっていたクライアント様からお電話をいただくというのが、立て続けにあり、温かい氣持ちになった一日でした。







<お知らせ>


【9月26日】 福田 × Koh コラボイベント in 東広島市黒瀬町 満員御礼!



【10月31日】 ソロトークライブ in 富山

http://kokucheese.com/event/index/331509/




【10月7日】 ソロトークライブ in 東広島市黒瀬町


【お申込み方法】


waku.waku.chanse-kacs★docomo.ne.jp (★を@に変えてください)


主催者 山堀様


【10月28日】 つばさ翔店 in 京都


https://ssl.form-mailer.jp/fms/16e3c52d388508


【11月1日】 チャクラヒーリング講座 富山 満員御礼!



【11月2日、3日】 つばさ翔店 in 富山 満員御礼!


<準備中>


【10月24日】 イベント in 大阪



【11月29日】 トークライブ&ワークショップ in 名古屋



【11月下旬】 つばさ翔店 in 名古屋





メルマガを配信しております。