全ては、最高最善のタイミングでやってくる

広島市でつばさ整骨院を営んでいます。50,000件の臨床試験、そして宇宙とのコンタクトから紐解く心とからだの不思議を綴ります。

冷たいものより、身体を冷やす作用の食べ物

暑い夏がやってきた。


でも、なぜか梅雨時期と変わらない湿度。


う〜ん、蒸し暑い。。。



そろそろ、「ビール片手に高校野球」の季節がやってくるというのに。


今夏、我が母校、山口県西京高校は、2回戦敗退。


私が入学する前年は、春ベスト4、夏ベスト8だったのが、過去の栄光。


でも、甲子園を目指してがんばったんだから、お疲れ様と言いたいです。


広島では、新庄高校が優勝。


迫田マジックは健在ですね。


メディアは何かと、早稲田実業の清宮君を怪物だと盛り上げている様子。


彼のここぞという場面での一打は、見事ですね。


ただ、彼自身のパワーを伝えきるほどのバット捌きが見られない地方大会でした。


甲子園で、どのような身体の使い方でパフォーマンスするのかを注目したいと思います。



さて、今日は、自宅ベランダからこのような空の表情を撮影しました。


image



8月8日のターニングポイントに向かって、おも賑やかになってきましたね。


さてさて、今日の本題。


夏になると、冷たいものを多く摂りたくなります。


温度が、冷たいものですね。


これまでの臨床経験において、冷たいものを多く摂るようになると、夏バテや、秋口の体調不良に繋がりやすい傾向にあることが判明しております。


食べ物には、身体を温める作用のもの、身体を冷やす作用のものがあります。


暑い時期、暑い地域でできたものは、身体を冷やす作用があります。

夏にできたものは、概ね身体を冷やす作用があります。


例えば、スイカ。


スイカを食べて、お腹が冷えた結果、お腹が緩くなるという話を聞いたこと、体験したことありませんか?


私は、夏になると、欠かさず食べるものは、きさくの担担麺(一年中ですが)、カレー(これも一年中)といった香辛料、薬膳と、旬の野菜たち。


枝豆、トマトは鉄板ですね。

ということで、今日は熊本県産のトマトをスライスして、ひめひじきの塩、わさびマヨネーズ(わさびは、静岡県の田丸屋)でいただきました。


image


冷たいものより、身体を冷やす作用の食べ物を摂って、夏を乗り切りましょう。



追伸


最近は、シソの葉にハマっています。


醤油とごま油を1:1の割合で用意し、その中にシソの葉、ニンニクスライスを入れて漬けたものです。


今年の夏は、これで決まりです。


↓ 今日は、宮古島産のマンゴーをいただきました。一度いただいたのですが、食べ損なったので、今回はしっかり確保したいと思います。ありがとうございます。










<お知らせ>

【8月26日】 福田 × Koh コラボイベント in 東広島市黒瀬町 満員御礼!


【8月29日】 福田 × Koh コラボイベント in つばさ整骨院 


続々とお申込みいただいております!


お申し込みはコチラ

https://ssl.form-mailer.jp/fms/31fbb264321780


<準備中>



【9月26日】 福田 × Koh コラボイベント in 東広島市黒瀬町


【10月7日】 ソロトークライブ in 東広島市黒瀬町


【10月31日】 ソロトークライブ in 富山



【日程未定】 トークライブ in 名古屋



メルマガを配信しております。