全ては、最高最善のタイミングでやってくる

広島市でつばさ整骨院を営んでいます。50,000件の臨床試験、そして宇宙とのコンタクトから紐解く心とからだの不思議を綴ります。

【こころとからだの平和のバトン】2日目

今日は、【こころとからだの平和のバトン】2日目をお届けします。


前回の記事はコチラ


【こころとからだの平和のバトン】1日目

〜2日目〜

23歳で、見えない存在とコミュニケーションを取るようになった私は、日常生活において、様々な場面で肉声ではない「声」が聞こえるようになりました。

不思議と、見えない存在たちへの恐怖感は皆無で、


むしろ、

「うるさいなぁ。正直、勘弁してくれよ。」

と、文句?を言うほどでした。


次第に始まったのが、人同士の会話の声と同時に行われている、後ろの存在同士の会話でした。


その人の声と同じ声で交わされる、後ろの存在同士の会話。


私は、パニックになりました。



例えば、目の前の人は、ニコニコしながら話をしてくれているんだけど、


後ろの存在から


「おい、福田。調子に乗んなよ。しっかりしろ。」


と、怒鳴られるわけです。


それも、目の前の人と同じ声で。


目の前の人の声が主音声とするならば、後ろの存在たちの声を副音声としましょう。


テレビであれば、スイッチボタン一つで主音声のみ、副音声のみ、主音声&副音声のいずれかを選べます。


しかし、私はそのスイッチをしばらく見つけることができず、人間不信に陥りました。


あるとき、


「スイッチは、ここにある。必要なら、ここを押すといい。」


と、夢の中で言われました。


今思えば、その存在は、シューゾーさんでした。

目に見えない存在とのコンタクトが出来ることは、幼い頃から当たり前だったので、それを失う怖さ、しかし一方で、日常生活で普通に会話することが怖いから、このチカラは要らない、という葛藤が続きました。


しばらく葛藤した後、出した答えは、


スイッチを押して、聞こえないようにすることでした。


スイッチを押すことで、日常生活でのコミュニケーションは元通りになり、楽しい日々を過ごしていました。


あの日を迎えるまでは。



それは、2011年3月9日の深夜、寝ているときでした。


突然、目の前に、地震速報のテレビ画面が現れました。


そこには、北関東、東北で「震度10」という表記。


そして、ニュース映像は、倒壊する建物や、それに伴う大規模な火災、そして、大津波


あまりにもリアルな映像、そしてこれまでに経験したことのない自然災害の様子に、夢か現実かわからなくなり、ビックリして飛び起きました。


起きて、テレビをつけて、各チャンネルを矢継ぎ早に見ながら、パソコンを起動し、気象庁のページにアクセス。


そうすると、どこにも大地震の報道はありませんでした。


「あ〜、夢だったんだ。よかった。」


と、ホッとひと安心しました。


しかし、これまでに見たことのないくらいリアルな夢だったので、そのときの映像が頭の中に残ったまま、2日が過ぎました。


2011年3月11日、東日本大震災が発生。


発生当時、ちょうど治療中でしたが、勤め先のテレビで見た映像は、2日前に見たまんまのものでした。


見てすぐは軽く頭がパニックになっていましたが、なぜ自分が見せられたのか?という疑問が沸々と湧いてきて、パニックはいつの間にか消えていました。


11日の夜は、寝ていると、私は福島の原発にいて、防護服を着て消火活動をしている様子を見ていました。


その映像の意味が分からず、12日を迎えました。


そうすると、原発事故が発生というニュース。



何なんだ、この夢は??


予知夢というもの?


それとも、他に何か意味するものはあるのか?


と、自分に起きた体験の詳細を知りたくて、私は、その答えを精神世界というジャンルの情報に求め、足を踏み入れました。


足を踏み入れたものの、どの情報も頭に入って来ないまま、寝れば夢の中で、様々なビジョンを見るようになりました。


正直、寝るのが怖いほどでした。


夢でビジョンを見るということが始まると同時に、幼少期から見えていた霊たちを見ることが無くなり、コンタクトも無くまりました。


見えるものが変わるとともに、肉体的変化もありました。


寝ていると、もの凄い大量の汗をかくのが、1ヶ月ちょっと続きました。


3月、4月ですから、そこまで厚着をして寝るわけでもなく、真冬に比べれば布団を重ねたり、毛布を重ねたりすることもありません。


でも、一晩で3、4回は、下着を含め着ているものを全て着替えないといけないほどでした。


今思えば、自分の中身が入れ替わり、デトックス作用だったのでしょう。



家族、友人、誰にも自分のこの状況を話すことは出来ず、一人で悶々とする日々を過ごしていたところ、当時やっていたmixiで知り合った仲間たちに話す機会がやってきました。


私の周りに言うと、「あんた、頭がおかしくなったんじゃないの?」「それ、嘘やろ。」と言われていたから、他人に言うのは懲り懲りだったけど、この仲間たちに思い切って話してみました。


そうすると、思ってもいなかった言葉が。


「うんうん、そうなんだ。面白そうだね。それでそれで?」


と、興味を持ってくれたんです。


ようやく話せたことに対する安感、そして仲間が出来たことの嬉しさが込み上げてきて、忘れられない一日となりました。

自分にもたらされたご縁に、心より感謝しています。

20歳のあのとき、人生を諦めなくて、本当に良かったです。

初めて、生んでくれた母親はもちろん、父親にも感謝の想いが湧いてきました。

そして、ご縁をいただいた皆様、支えてくださる全ての方への感謝が湧いてきました。

心から、感謝申し上げます。

3日目につづく



↓ 福田のバトンは、明日が最終日。その次にバトンをお渡しするお二方は、とても素敵な方々です。福田自身が、このお二方が綴るバトンを一番読みたくて、今からワクワクしています。








<お知らせ>


【7月11日】 福田 × Koh コラボイベント in つばさ整骨院


お申し込みはコチラ

https://ssl.form-mailer.jp/fms/31fbb264321780



【7月25日】 福田 × Koh コラボイベント in 東広島市黒瀬町 満員御礼!



【8月26日】 福田 × Koh コラボイベント in 東広島市黒瀬町 満員御礼!




<準備中>


【日程未定】 トークライブ in 名古屋


【10月中旬】 つばさ翔店 in 関東 ※宇宙整体のみ

メルマガを配信しております。