読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全ては、最高最善のタイミングでやってくる

広島市でつばさ整骨院を営んでいます。50,000件の臨床試験、そして宇宙とのコンタクトから紐解く心とからだの不思議を綴ります。

腎臓のトラブルとは…

つばさ整骨院

最近、腎臓のトラブルについてお話する機会が多いので、ブログでもシェアしたいと思います。



腎臓の役割は、尿素、尿酸、胆汁色素などの窒素を含む老廃物を排出することです。

また、体内に取り込まれた薬や毒物を排出する役目も担っています。

さらに、体液の量と浸透圧の調整も行っています。


腎臓の役目の一つとして、体液の量と浸透圧の調整があります。

したがって、その腎臓にトラブルが生じるということは、感情面においてバランスを失っている、というメッセージと捉えられることができます。

腎臓にトラブルがある場合の傾向としては、何かに直面したときに決断をすることが難しいということがあります。そして、決断できない自分に対する嫌悪感との狭間で、どうしても感情的になりがちです。また、他人の目を気にする傾向もあります。


フランス語で「丈夫な腎臓を持っている」と言えば、「自分を受け入れていて、試練にあってもそれに打ち勝つことができる」という意味で使われます。すなわち、腎臓にトラブルが生じるということは、自分のやっていることとの関係、あるいは、他者との関係で、自信を持てず無気力感を感じているということを表します。



ある状況やある人をつい理想化し、高い期待を持ってしまうので、その期待が満たされずにフラストレーションを感じることがしばしばあります。他人や状況を自分の価値観という物差しでジャッジし、批判し、それらがおかしいと言って責めます。



感じやすいという特徴が、感情的になりすぎるという方向にずれているに過ぎません。それ故、バランスをとるのに必要な判断力を失い、難しい状況に立ち向かいにくくなっているだけです。自分の感情は横に置いて、物事や他の人たちをありのままに見るようにすると、何かしら気づくものがあると思います。


もし、ジャッジしているなぁと感じる場面があれば、「今、自分のジャッジマンが出てきているよね?」など、自分に問うてみてください。そうすると、感情の波から一歩引いて距離を置くことができるので、広い視野で物事を捉えられるでしょう。





ブログランキングに参加しています。


皆様、応援よろしくお願いします。

画像をクリックしていただけると、嬉しいです。


ブログ村の方クリックもよろしくお願いします(^.^)



にほんブログ村



<お知らせ>

【12月27日】骨盤調整達人の技伝授講座

お申込みはコチラ


https://ssl.form-mailer.jp/fms/24f7e5bf328098


【1月15日〜19日】 つばさ翔店 in 名古屋



お申し込みはコチラ

https://ssl.form-mailer.jp/fms/1f120877337656


【1月18日】 チャクラヒーリング伝授講座



日時:1月18日(日) 14:00〜16:00



お申し込みはコチラ

https://ssl.form-mailer.jp/fms/b404edcc317410





<準備中>



【2月初旬】 つばさ翔店 in 福岡



【2月初旬】 堀田義樹×福田孝史 コラボワークショップ in 福岡



【3月中旬】 ソロトークライブ in 静岡 vol.2



【3月中旬】 つばさ翔店 in 静岡



メルマガを配信しております。

ブログやSNSではお伝えしていないことをお伝えしております。

登録はコチラ

http://www.life-artist-tsubasa.com/m_magazine/index