全ては、最高最善のタイミングでやってくる

広島市でつばさ整骨院を営んでいます。50,000件の臨床試験、そして宇宙とのコンタクトから紐解く心とからだの不思議を綴ります。

ハートって、どんなもの? その1

今日は、「ハートを開く」お話です。

人間の身体は、心と体で出来ている。

答えを心の方からのアプローチで導き出すより、もう一方の体のアプローチをすると近道である。

どのケースにおいても、バランスが肝。

これは、シューゾーさんとの会話をしていて、ふと出てきて以降、ずっと治療院や個人セッションでお伝えしていることです。

じゃあ、何で体のアプローチをしたら、ハートが開くわけ?という質問をいただきました。

僕も、( ´ ▽ ` )「そうだそうだ」と思い、シューゾーさんにこの話題を振ってみました。

( ̄▽ ̄)

「ハートが開くというのは、そもそも言葉の表現に過ぎないんじゃよ。

じゃあ、聞いてみるが、ハートを見えるかい?それに、開くということは今現在閉じているということだろ?開閉式というならば、それが自動なのか、手動なのか、鍵穴はあるのか?ドアの種類は?

どうじゃ?」

( ´ ▽ ` )

「ハート型の商品なら見たことありますが、ハートそのものは見たことないですねぇ。」

( ̄▽ ̄)

「そうじゃ。なのに、言葉の表現だけ独り歩きして、それを追いかけていたりするわけだな。チャンスの神様を探しているのと同じと思わないか?」

( ´ ▽ ` )

「たしかに〜。う〜〜〜ん。ということは、実体はないってことだ。ふむふむ。あ〜〜〜っ、なんとなくわかったけど、言葉が…。」

( ̄▽ ̄)

「言葉がなんじゃ?あぁん?」

( ´ ▽ ` )

灯台下暗し、とうだいもとくらし、とうだいもとく…。」

( ̄▽ ̄)

「もどかしい!タイムアップじゃ」

( ´ ▽ ` )

「うううっ(´Д` )」

( ̄▽ ̄)

「ええか、よ〜く聞いとけよ。物質的に何かが開いたり、閉じたりすることではないのはお前も知っているとおりだ。

簡単に言えば、緊張と弛緩。

手がグーになってチカラが入っているときと、手がパーになってチカラが抜けているというわけだな。

体のアプローチでは、どっちになる?」

( ´ ▽ ` )

「気持ちよくてリラックスするから、パーですね。」

( ̄▽ ̄)

「チカラが抜けると、気分はどうだ?」

( ´ ▽ ` )

「爽快ですね。スッキリします。それに、疲れを感じなかったり、アイデアが出てきたり、落ち着いたりしますね。」

( ̄▽ ̄)

「そうじゃ。心の方からアプローチしても、それは得られるだろうが、心と体の両方のアプローチがあるということを知っていれば、大きく脱線することはないじゃろ。まあ、脱線しても、それもアリだけどな(笑)」

( ´ ▽ ` )

「いったい、どっちじゃ〜〜〜〜!」

つづく

<お知らせ>

11月23日苺企画さんより「苺サロン」にお招きいただきました。

個人セッションは満員御礼となりました。

ワークショップは、増枠いたしましたが、残り2名となっております。お申し込みは、お早めに。

懇親会も用意されていて、お話会をなさる賢者テラさんと僕も参加させていただきます。

お申し込みはこちら 



12月14、15日に名古屋でワークショップ、個人セッションを開催します。初となる名古屋開催。皆さんとお会いできるのを楽しみにしております。

詳細はこちら 

個人セッションは、満員御礼となりました。

12月には、名古屋の他、埼玉や大阪でも企画中でして、主催者様と準備を進めております。整い次第、順次ご案内いたします。




ブログランキングに参加中です。

皆さんの応援よろしくお願いします。

ここに訪れてくださる皆さんがポチッとクリックしてくださると、順位は一氣にアップします☆彡

キーワードは「いつもここにいるよ」