全ては、最高最善のタイミングでやってくる

広島市でつばさ整骨院を営んでいます。50,000件の臨床試験、そして宇宙とのコンタクトから紐解く心とからだの不思議を綴ります。

リョータさん、ありがとうございます☆

梅雨明け宣言とともに、一気に気温の上昇、日差しのキツさが増しましたね。


珍しく、ブログ更新がゆっくりだったのは、バタバタしているのもありますが、怒涛の勢いの2ヶ月間で、どんどん進んでいる中で、やはり「不安」というのも同じくらいあって、その揺り戻し真っ只中だったわけです。


今朝、僕の大好きなリョータさんが、今の僕にドンピシャな記事を書かれているので、シェアさせてください。




進めないのに進めない公式。

進むのに。

遅いも早いもないはず。

進みどきは。

あなたのキモチで決まるのだから。



何かをやり直そうと思ったら。

何かに挑戦しようと思ったら。


その思いの深さと同じだけ。

その願いの濃さと同じだけ。



『不安』というココロのゆり戻しが。

必ず発生するものなのです。




「あ。そうなんだ。

 じゃぁこのキモチの裏には。

 叶えたいという思いがあるのね♪」


と受け取れて。

さらなる原動力にできればいいのだけれど。



ココロの底にはびこっているのは。

「失敗したらどうしよう」

「笑われたらどうしよう」

「落伍者だと思われたくない」

という。


不安から湧き上がってきた恐怖心なのだから。


そうそうカンタンに。

消せるワケではなさそうなのです。



やりたいのに。不安なキモチが出てやれない。


つまりそれは。


やりたいキモチ(10)−不安なキモチ(10)=何もできない(0)


なのだから。



不安なキモチと向き合って。

癒して。ねぎらって。ゆるして。

まずは。10を。

9にする必要があるのです。



勘違いしやすいのは。

● やりたいキモチを20に増やそうとしたり(不安なキモチも20になるのに)

● 不安なキモチを責めたり(責めても余計にはびこるだけ)

●「なんで10を0にできないの?」と。消しはじめずに現状を嘆いたり

● 不安なキモチを隠したり、なかったことにしようとしたり(本当はわかっているからカラダが言うことを聞きません)

● そもそもあきらめてしまったりする場合が。

ひとそれぞれ多い、ということなのです。



マイナス要素は。

無視したって。ポジティブなフリをしたって。

どんな呪文を唱えたって。未来の計画を立てたって。

ましてや自分自身を責めまくったって。

そうそう消えるものではありません。


今の私たちにできるのは。


マイナス要素(不安)と向き合って。

ひとつひとつと対話して。

癒して。ねぎらって。

昇華させていく方法がいいようです。



そこで。10−9=1になれば。

それからはじめて。

1歩が踏み出せるはず。


あなたの1歩は。

不安と向き合うことだったのです。



今までできなかったからといって。

これからもそうとは限りません。


不安なキモチを1つでも癒せば。

あなたはきっと。進みだすのだから。


ひょっとしたら。6ぐらいの大きなブロックが。

ぼろっと取れるかも知れません。


だから。だからこそ。

ゆっくりでいいから。

向き合って欲しいのです。


そうすれば気づいてしまいます。

不安の実態は。

実はもっと小さかったのに。

自分でふくらませて10にして。

わざと進まないようにしていたんだ、ということに。



あなただって。今からでも遅くなんてないのです。

きっと進めるから。

共に。進めるのだから。

リョータさんは、いつも素敵なメッセージを書かれていますので、ぜひご覧になってください。

それと、期間限定でねぎらいカウンセリングも再開されるそうです。


またブログを書いていきますので、よろしくお願いします。



今日も、クリックしていただきありがとうございます(*^_^*)