全ては、最高最善のタイミングでやってくる

広島市でつばさ整骨院を営んでいます。50,000件の臨床試験、そして宇宙とのコンタクトから紐解く心とからだの不思議を綴ります。

深いところでキャッチする

「すべては自分の内側にある」

その言葉を知り、

行為者と対面する自分という視点に、自分の内側を反映しているという視点が加わった。

事あるごとに、二つの視点で捉えようとした。

そうすると、自分の内側を反映する視点にフォーカスして、自分の汚ない面を綺麗に磨いた。

いや、磨こうと努力した。

でも、磨けば磨くほどに、汚ない面は増幅し、目の前の現象として現れた。

苦痛だった。

自分を責め、傷つけたりもした。


そして、あるとき解った。

綺麗であり続けようとして、汚ない面を磨くことに偏り、バランスを欠いていた。

そうだ‼

一日は、明るいときがあって、暗いときもあって、成り立っている。

綺麗な面の自分と汚ない面があって、それは別の他人ではなくて、
一人の肉体の中に二つの自分が存在する。

なんだ、単純なことじゃん。

「こんな自分も居るんだなぁ」

そうやって、眺めとけばいいんだ。


言葉を深いところで捉えたら、こんなにも楽になれるんだね。



今日も、クリックしていただきありがとうございます(*^_^*)


初の東京は、迷子にならず無事に帰還しました。


今週末は、企業の研修帯同で、島根に行ってきます☆