全ては、最高最善のタイミングでやってくる

広島市でつばさ整骨院を営んでいます。50,000件の臨床試験、そして宇宙とのコンタクトから紐解く心とからだの不思議を綴ります。

こむら返り

今日は、暑くなったら、いつも治療院で話すことをご紹介します。


「こむら返り」についてです。


広島弁では、「こぶらがあがる」と言います(゚o゚;;


※こぶら=コブラ??と、広島に来た頃は、ビックリして何度も聴き直していました。



こむら返りになったことありますか?


その原因は、大きく分けて3つあります。

1. 冷え


2. ミネラル不足


3. 肝臓に熱が溜まる


特にこの時期多くなるのが、1.なんですね。


夏なのに、冷えってどういうこと?と思われるでしょうけど、夏こそ冷えるんです。


暑いと、自力で熱を作ることも減るので、寒い時期に比べて代謝量も落ちます。


それに加えて、冷たいものを摂ることが増えますので、カラダの中からも冷えます。

雨でずぶ濡れになったら、風邪を引かないようにと、着替えたり、お風呂に入って温まったりするのと同じように、冷たいものを摂ったら、その後温かいものを口にされると良いでしょう。


2.は、筋肉を使うときの栄養分が、ミネラルなんですね。


運動中などに、ミネラルの消費が多く、枯渇すると、ふくらはぎだけでなく、いろんなところが攣ります。


※僕は、以前初フルマラソンの時にこれになり、33km付近で、一歩も進めなくなりました…。




3.は、肝臓がお疲れな状態です。

アルコールを控えたり、ストレスが溜まっているなら気分転換されては、いかがでしょうか?





1.の対策としては、直接冷風が当たらないように(扇風機であれば壁に向けておき、循環させるようにする)工夫されてみるのもいいでしょう。






今日も、クリックしていただきありがとうございます(*^_^*)


今日は午後休診ですが、マラソン練習できず、事務仕事をやってます(^_^;)