全ては、最高最善のタイミングでやってくる

広島市でつばさ整骨院を営んでいます。50,000件の臨床試験、そして宇宙とのコンタクトから紐解く心とからだの不思議を綴ります。

萩往還対策で夜中走ってました(笑)

昨年9月に安芸太田町で開催されたしわいマラソン(88km)にて、ウルトラマラソンデビューをしました。


今年は、ウルトラやるからにはやっぱ三桁走りたいというのと、いつ24時間テレビのチャリティーランナーのオファーが来てもいいように、エントリーしたのは、


萩往還マラニック大会 140kmの部です。


詳細はこちら

http://www.hagi-o-kan.com/

18時スタートで、制限時間は24時間。


いわゆる夜勤です(笑)



いやー、地元防府を走るのは、読売マラソンって予定だったのに、一足早く走ることになりました(夜ですがあせる


コースは、地元の防府、そして高校時代を過ごした山口市と、それから萩市を通る萩往還道です。


メンタル的には、ホームグラウンドなのですこ〜し楽かも?





というわけで、先週から萩往還対策として、夜間走を実施。




先週は、23:40からの2時間走。


そして昨夜というか日付またいだから今日だけど、0:45からの1時間走。



職質受けないように気をつけながらのランニングになります。


いやー、今回は氷点下の中での練習だったので、寒い寒い…。


顔だけ寒いんですよ。


不審者扱いされたらたまらないから、ネックウォーマーを鼻のあたりまで上げることもできない…。


でも、月や星が綺麗だったので、次第に寒さを忘れてましたあせる



思考強制ストップのランニングは、僕にとってなくてはならないものです(笑)


だって、瞑想は10分ともたないので…。