全ては、最高最善のタイミングでやってくる

広島市でつばさ整骨院を営んでいます。50,000件の臨床試験、そして宇宙とのコンタクトから紐解く心とからだの不思議を綴ります。

いつからが、大人?

昨日アップし忘れてました。

昨日は、「成人の日」でしたね。

僕は10年前に迎えました(笑)

いやー、若かったですね。

あの頃は、髪の毛が真っ赤だったし、単車を乗り回したり…。


さてさて、成人の日にちなみ、「大人」ってなんだろ?って話です。

奈良時代から始まった「元服」。

数えで12〜16歳になると、この儀式を行ない、「大人」と認められるようになります。


現在では、20歳になると、「成人」すなわち「大人」と認められるようになります。

ただ、これって通過儀礼であって、その歳になったから、いきなり大人の振る舞いになるかと言えば、そうでもない。

やんちゃは、いつまでもやんちゃだし、童心のまま生きるのもそう。

大人だからって、年齢的な定義はあれど、その内容の定義はないですよね。

最近思うのは、ルールや常識に縛られてるのが大人、そうでないのが子供だとするならば、僕は、後者を選びます。

子供と評価されてもいい。

それが、身の丈サイズの自分だから。