読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全ては、最高最善のタイミングでやってくる

広島市でつばさ整骨院を営んでいます。50,000件の臨床試験、そして宇宙とのコンタクトから紐解く心とからだの不思議を綴ります。

ランニングシューズ選び

よく耳にするのが、シューズ選びの際に、ワイド(足幅)ばかり気にして、踵の隙間はあまり意識しないってこと。

踵のホールドが甘ければ、接地におけるシューズ内の遊びが生じる。

日本人の足は、足幅に対して、踵の幅がかなりスリムな逆三角形。

なのに、メーカーや店頭では、単にレース終盤に足がむくむからとか、わけわからんこと言って、ワイドモデルの大合唱。

その結果、2E以下、ましてやDサイズなんて、ニューバランスのミニマス(旧モデル)くらい…。

ワイドばかりにフォーカスすると、踵がルーズになり、結果的に、足底部、腸脛靭帯へのストレスが加わる。

※上記のストレスは、腰背部の筋緊張を起因とするケースもある。