全ては、最高最善のタイミングでやってくる

広島市でつばさ整骨院を営んでいます。50,000件の臨床試験、そして宇宙とのコンタクトから紐解く心とからだの不思議を綴ります。

今、いま、イマ

今、いま、イマ、なう、now…



この「今」って、そこに潜んでる自分の気持ちっていろいろあるんじゃな〜と、ふと思いました。



こんにちは、ライフアーティストつばさです。



「今、やりよるけぇ」


「今、そこまでできんけぇ」


「今、いらんわぁ」



よくよく、「今」って言葉を使います。


この「今」ってなんじゃい?


今=ある特定のその瞬間



ある意味、その人の損益計算書かもしれません(笑)


→損益計算書って、ある特定の時のお金の流れを表した表です。



ちょっと、ズレてる、ズレてる…。





例えば、「今できない」っていうような否定的な意味合いで、今を使った時の話。



ひょっとしたら、0.1秒後、あるいは1秒後、もしかしたらできない状況が好転するかもしれない。


イデアを閃いたり、臨時収入があったり、大きな仕事が舞い込んだり…。






今できない、今はまだ…、今は無理。。。。。


そうやって、ため息ついたり、自分ってダメな奴とかって自己否定したり、他人を恨んだり、イライラしたり、怒鳴り散らしたり…。



ネガティ部に入部していくわけ(笑)



でも、そこでちょっと「今」という字に注目してみようってわけ。


この漢字、上はかさじゃなくて人なんですよ。


人とカタカナの「ラ」=今


だとしたら、「ラ〜音譜」って、声に出すのもいいかも。なんでもいいから、歌ってみるとか…。


ラ〜って歌おうとすると、顎上がりますよね。


ってことは、上を見る、空を見るわけ。



秋らしくなってきた今日この頃、筋雲、うろこ雲、空もいろんな表情をしています。



ここにも、季節を感じられるものがあります。







気温差が激しい今時分、風邪を引きやすい、体調を崩しやすい、あるいは夏の疲れが出やすいですので、皆様、どうぞご自愛くださいませ。



今日お読みいただき、ありがとうございます。