全ては、最高最善のタイミングでやってくる

広島市でつばさ整骨院を営んでいます。50,000件の臨床試験、そして宇宙とのコンタクトから紐解く心とからだの不思議を綴ります。

「期待」は、ジャッジ

期待しないって、わかっちゃいるけどやめられないことの一つ(笑)



飲食店に行くとき


旅行に行くとき


買い物に行くとき


サービスを受けるとき


誰かと会うとき



抱くのは、「期待」


でも、期待しちゃうと、そこがボーダーラインになって、善し悪しの判断をしちゃう。

 

そのボーダーラインがあるからこそ、期待「以上」だと喜びが増し、期待「以下」だと残念な気持ち、怒りなんかが出てくる。



「期待する」が執着になってくると、物事を良し悪しにしか見なくなる目くらまし。


期待というメガネを外せば、実は、もっと素敵なことがあるかもしれないし、気づくこともあるだろう。


それに、怒りとか不快感ってものも出てこなくなる。



期待するのは人間の性であるって言うかもしれんけど、たまにはスゴロクみたいに、「一回休み」ってことで、な〜んも期待せず物事を見てみるのもいいかな〜。



いつも、お読みいただき、ありがとうございます。