読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全ては、最高最善のタイミングでやってくる

広島市でつばさ整骨院を営んでいます。50,000件の臨床試験、そして宇宙とのコンタクトから紐解く心とからだの不思議を綴ります。

oshoの話

質問


なぜ私は、特に自分の仕事で人に感心されたり、

人から認められたりする必要を感じるのでしょうか?

そのことで私は罠にハマっています・・

どうしても、それなしにはいられないのです。

自分が罠にハマっていることは分かっているのですが、

私はすっかりそれに捕まってしまって、抜け出せそうにありません。

私が出口を見つけられるように助けて頂けますか?


osho


質問はケンドラからのものだ。

人に感心されたり、認められたりしなければならないということが、

誰もの問題であることを思い出さなければならない。

私達の「生」の全構造が、人に認められない限り

自分は無価値だと教えられて来ている。

為す仕事が重要なのではなく、認められるということが重要なのだ。

これが物事を逆さまにしている。

為される仕事が重要であるべきだ・・それ自体が喜びであるべきだ。

人は認められる為ではなく、創造的であることの喜びの為に、

その仕事を愛しているがゆえに、仕事をすべきなのだ。


ヴィンセント・ヴァン・ゴッホのように、社会が人を仕込む

そのような罠から逃れることが出来た人は、極めてわずかしかいなかった。

彼は絵を描き続けた・・食べる物もなく、住む家もなく、

着るものもなく、薬もなく、病みながら・・しかし彼は描き続けた。

たった1枚の絵も売れなかったし、誰からも認められはしなかったが、

不思議なことには、そういう状況にありながらも、彼はなお幸せだった・・

彼が幸せだったのは、自分が描きたいものを描くことが出来たからだった。

認められようと認められまいと、彼の仕事には内在的な価値があった。


33歳の時に、彼は自殺していた・・

それは不幸のせいでも、苦しみのせいでもなかった。

そうではない。

それはただ、彼がその為にほとんど1年をかけて来た最後の絵、

ある日没の絵を描き終えたからだった。

何十回と試みていたのだが、彼の望む基準には達せず、

それを破り捨てていたのだ。

その日地没の絵を、彼はついに

自分の望んでいたように描き上げることが出来た。


彼は弟に次のような手紙を書いて自殺した。

「僕は絶望して自殺して行くのではない。

僕が自殺するのは、今やもう生きることに意味がないからだ・・

僕の仕事は終わった。

生計の道を見つけるのは難しかったが、そんなことは構わなかった。

僕には為すべき仕事があったし、

実現されるべきある潜在的な力があったからだ。

それは開花した。

だからもう、乞食のように生きることに意味はなくなった」

「今の今まで僕は、そんなことを考えたこともなかったし、

そんなものが視界を横切ったこともなかった。

だが今となってはそれしかない。

僕は、僕の能力の限界まで花開いた。

僕は成就した。

だから今となっては、生計の手段を探し求めながら、

この生を引き延ばすことは、ただただ馬鹿げたことに思われる。

一体何の為に?

だから僕に言わせれば、これは自殺ではない。

そうではなくて、ただ僕が完成に、全休止に辿り着いたということ、

そして喜んでこの世を去って行くということだ。

喜びを持って僕は生きた。

喜びを持って僕はこの世を去って行く」


ほぼ1世紀後の現在、彼の絵はどれも1枚何百万ドルの価値がある。

残っているのはわずか200枚の絵でしかない。

彼は何千枚と描いたに違いない。

だがそれらは誰ひとり気にする者もなく、滅び去った。

今ではヴァン・ゴッホの絵を持っているというだけで、

審美眼があるということになる。

彼の絵が、その人に認知を与える。

世間は一度として、彼の仕事にどんな認知も与えなかったが、

彼は全然気にもしなかった。

そしてそれこそが、人がものごとを見る目つきであるべきだ。

そのことが大好きなら、その仕事をしなさい。


人に認められることなど求めないことだ。


もし人に認められるようなら、それを気軽に受け取っておきなさい。


もし認められなければ、そんなことは考えないことだ。



自分の満足は、その仕事自体の中にあるべきだ。



そしてもし誰もが、自分の仕事を愛するというこの素朴な技を学んだら、





どんなことであろうと、人から認められることなど求めずに、






それを楽しむという技を学んだら、





私達はもっと素晴らしい祝祭に満ちた世界を持てるはずだ。









iPhoneからの投稿